**************************************************
「エッー、どうしてこういうことまで、
コラージュにあらわれるのか不思議でなりません」
エステサロン経営の40才女性の場合
**************************************************
ご本人のブログ
サロンホームページ

新しい自分との出会いを楽しむことから、コラージュを依頼される

あるイベントに参加した時のことでした。
一人の女性が、にこにこしながら、私に話しかけました。

「光珠というエステサロンの田中です。
うちでイベントする時にも、来ていただけませんか?
コラージュセラピーにとても関心がありますから~」と言われました。

私は、頼まれた事は、大体、引き受けることにしています。
その時も「はい、いいですよ」と答えると「まあ、嬉しい」と更に笑顔が輝きました。

こうして、女性の場合「面白そうだから、ちょっとやってみようかしら?」
という遊び心から始まります。

カウンセリングの場合は、悩みがあるからという事がきっかけですが、
コラージュセラピーの場合は新しい自分との出会いを楽しむ人が多いですね。

この笑顔の素敵な40代女性も
「楽しみにしています。イベントの日にちが決まったら、お電話します」
と、弾んだ声で言われました。 コラージュは、こうした楽しく明るい女性が、
感動を人から人へ伝えて下さったお陰で広がってきました。

昨年の春に「日にちが決まりました。申し込みもたくさんあります」
と明るい声で、みきこさんから電話が入りました。

また、コラージュを通して、新しい出会いが待っています。
そこには、人生ドラマが待っています。ワクワク、ドキドキが待っています。

心という目には見えない世界が、コラージュという形となって姿を現します。
そこには、見ることが出来ない自分のひとつの断面図が姿を現します。

どうして、そんなことがわかるの?


昨年、五月に彼女のサロンに行きました。好奇心旺盛な女性達が集まっていました。
初めての体験者が殆どです。新しい遊園地にきたみたいな賑やかさでした。
エステ、マッサージ関係のお客様ですから、オシャレで華やかな服装でした。

「まあ、何て言われるのかしら?楽しみだし、ドキドキよね」
「あら、あなたと私って全然違うのね」
「まあ、あなたってかわいいコラージュね」と、
ピーチクパーチクひばりの鳴き声みたいにあちこちから声が聞こえてきます。

お祭りのような雰囲気でした。みきこさんのコラージュを見て
「手を使った仕事が向いているので、今の仕事は天職かもね」と言いました。

「まあ、そうですか?とても嬉しい言葉です。また、頑張れるわ」とにっこり!
「二年くらい前に何かあったの?自分自身も癒されたいコラージュになってるわ」と言うと
「えっ!びっくりだわ。実は、人間不信になる出来事があったのです。

しかも、ちょうど二年前でした。どうして、そんなことがわかるの?」
「そうね。貴女が貼った場所や貼ったもの、貼った色などからねぇ」
「まあ、おもしろいわ。そんな事から?」

「人様を美しくして癒した分、今度はあなたが癒される事を探したらどうかしら?」と答えました。
その後、定期的に自分の時間を作るようになったそうです。

お客様達は、少女のような目でコラージュを作成し、何を言われるのかという
不安と期待が、入り交じっているようでした。

長年、作成後は、マンツーマンでじっくりお話をさせていただいていますが、
女性が長生きできる訳がわかるような気がしてきます。
とにかく、何でも楽しんじゃう、とにかく、よくしゃべり、よく笑います。
コラージュを作っていると、小学校の図工の時間のようです。

自由に思うままに貼る訳ですから、上手下手はありません。
「パラパラ、ベリベリ、チョキチョキ、ペタペタ、はい、出来上がり」
で簡単ですから、子供からお年寄りまで作る事が出来ます。
ストレス解消にもなります。お茶を飲みながら、
おやつを食べながらやりますので、おしゃべりに花が咲きます。

皆さんの楽しそうな顔を見ていると、日常の忙しさから解放されたおしゃべり遊園地のようでした。
「たくさんの人を集めて下さってありがとうございました」
と、みきこさんに御礼を言いました。
「いいえ、私が楽しかったと話したら、皆さんが受けたいと言われただけですよ」
と、さらりと答えました。

そんな彼女の2回目のコラージュは「今までやってきたことが、
形になってそれが発展してゆきそうね」と彼女の未来を語りました。
その時、彼女は「行動して、変化したい」という気持ちが強かったそうです。
「まあ、ドンピシャだわ」と大喜び。「人材も集まるわ。きっとね」と付け加えました。
この言葉を意識するようになったら、イベントをきっかけに
仕事仲間としての意識がどんどん高まっていったそうです。


三回目のコラージュセラピーを受けたみきこさんは、
すっかり、コラージュファンになっていました。
その時に「真珠が出来るまでには、時間がかかるでしょう。
貴女は、志が高いから、真珠のように、時間をかけて取り組んでみたらどうかしら?」
と、コラージュを見ながら説明しました。

たまたま、その前に関東方面の先生に、仕事について、
同じような事をアドバイスされていたそうです。
「エッー、どうしてこういうことまで、コラージュにあらわれるのか不思議でなりません」
と、彼女は驚きました。

「それはね、私が作品作ったんではなく、貴女が作ったんだもの。
私は、作品を見て、貴女の心のレントゲン写真の説明をしているだけよ」と答えました。

彼女は、ますます、コラージュセラピーに興味を持つようになりました。

4回目のコラージュは、今までとは、違った作品になりました。
このまま、お店に飾れる作品となっています。
お店のコンセプト、方向性が形になって現れています。
お店のコラージュポスターとなって、幼虫から脱皮した作品となりました。凄いですね。
光珠は、治療部とエステ部とあって、ご夫婦で力を合わせて、お仕事をされています。

---------------------------------------------------
【コラージュを受けたご本人の感想】
コラージュとは、意味が深くて、心理も表われ、
過去も表している本当に凄いもの


もう、つくづく、コラージュとは、意味が深くて、心理も表われ、
過去も表している本当に凄いものだと思っています。
目に見えているものだけど、目に見えない心や未来までも表れるの。
そして、何よりも、水谷先生の「その気にさせてくれるテクニック」は、
スゴイ!(原文のまま)
---------------------------------------------------

こんな感動を書いて下さいました。
コラージュセラピーに大変関心を持たれ、現在、学び始めました。
一人でも多くの方にお伝えできれば、大変嬉しく思います。

コラージュを通して、自分の心を見つめ、声なき声が聞こえるようになれば、
もう少し温かい社会ができるのではないでしょうか?
ありがとうございました。

●コラージュを受けてみたい方はこちら >>>コラージュ宅配便

Copyright 2009 Bebrain All rights reserved